TAG

関連するワード

こしあんのこだわり

2021.12.20

あんこづくりについて

以前は粒餡の小豆について産地や品種へのこだわりを
ブログにてご紹介しましたが、今回は弊社のこしあんのこだわりをご紹介します。
粒餡の小豆にももちろんこだわっておりますが、
それと同じくらい強いこだわりを持っているのが「北海小豆こしあん」の小豆です。

北海小豆こしあんには北海道産小豆の中でも最良品として評価が高いシュマリショウズを使用しています!
シュマリショウズは非常に栽培が難しい品種のため北海道産の生産量の中でもなんと1割程で、
豆の味、風味、上品な香りが特徴的で非常に希少価値の高い品種となっています。

こちらの小豆から弊社の本家にあたる「山梨製餡」で
こしあんの原料となる都製餡用の特別な「生餡」を製造していきます。
生あんは大量の水を使用して製造するので御神水と云われる京都東山の白川水系の地下水を使用していたり、
製造においても通常より手間を加えていたりとこだわりの強いものになっております。
その後弊社の滋賀工場にて「北海小豆こしあん」を仕上げていきます。

弊社のこしあんは小豆の品質から製造の工程まですべてにおいて自信をもっておすすめできるレギュラー商品です。
余談ですが、夏季シーズンの看板商品である「水羊羹」も同じ生餡から作られておりますので、
ご興味がございましたらぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

関連するワード

関連する記事

今回は弊社のレギュラー商品である白いんげん豆こしあん1kgについてご紹介いたします。 白いんげん豆こしあんは主にミャンマー産のバター豆生餡を使用しており、 餡自体には癖が無く、見た目も白く、付加する風味を活かしやすい商品 […]

以前、ブログ「都製餡と山梨製餡」で都製餡の本家である山梨製餡についてご紹介しましたが、今回は本家・山梨製餡の創業者である山梨福一に焦点を当て、都製餡の歴史についてお話したいと思います。 山梨福一は明治32年9月静岡県にて […]